引越し業者のパッキングのテクニックについて

うちは共働きなので、3年前の引越しの際には荷造りもお任せできる引越しフルパックをお願いしたんです。

引越し業者のパッキングのテクニックについて

うちは共働きなので

うちは共働きなので、3年前の引越しの際には荷造りもお任せできる引越しフルパックをお願いしたんです。
休みの日や仕事から帰って梱包していたのでは、とてもじゃないけど間に合わないだろうなと思ったからです。

引越しは日曜なので、その前日の土曜に業者のスタッフが荷造りに来てくれました。
土曜日は私達夫婦も仕事が休みなので、業者さんと一緒に荷造りをしたのです。
夫の書斎には沢山の本があるので、業者さんと2人で手分けしてダンボールに詰めました。
同じ大きさの本棚が3つあるので1つは私が、残りは業者さんにお任せしたんです。

私はと言えば、本棚の上から順番にダンボールに箱詰めしていたんですが、本ってけっこう大きさがマチマチだから、キッチリ箱に収まらないんです。
業者さんを見ると上からではなく、まず同じ大きさの本を並べて箱詰めしているようでした。
だからダンボールの中を見ると隙間なくキレイに本が収まっていたんです。
これがプロのパッキングテクニックなんだなと感心しました。

またハードカバーの本は箱には詰めずに、まとめてヒモでくくっていました。
全部箱に入れると重すぎて運べなくなるし、箱の底が抜ける危険もあるそうです。
私が梱包したダンボールを持つとかなりの重量で、確かにこのままでは底が抜けそうな気がしました。
だから詰めていた本を出して、違うダンボールに入れなおしていたんです。
そんなことをしているうちに業者さんはあっという間に本棚を空にしてしまいました。

ダンボールの中も隙間なく整然と本が並んでいるし、重そうな本はヒモでくくられ並んでいました。
ただ荷造りするだけでなく、引越しの際に運び出すことも計算された梱包になっているんです。
その早さとキレイさがプロのテクニックだなと思いました。

関連リンク

Copyright (C)2017引越し業者のパッキングのテクニックについて.All rights reserved.