引越し業者のパッキングのテクニックについて

引越しの時、自分で梱包せず業者に頼むとプロならではのパッキングテクニックで完璧に荷造りしてくれます。

引越し業者のパッキングのテクニックについて

引越しの時

引越しの時、自分で梱包せず業者に頼むとプロならではのパッキングテクニックで完璧に荷造りしてくれます。梱包作業も早いし破損のリスクも最小限にしてくれるので、安心してお任せできるなと思いました。

さすがだなと思ったのが食器類のパッキングです。
素人はお皿を横にしたまま積んでいきますが、プロはお皿を立ててパッキングしていきます。その方が圧倒的に割れにくいそうです。
またコップなどを包む新聞紙も一度クシャクシャにしてから包んでいきます。紙にシワが出来ることで当たった時の衝撃を和らげるようです。
ワイングラスなども手で持つ部分に布巾を巻いてから、緩衝材で包んでました。
さらにコップなどは逆さにして、ダンボールに入れていくのがプロのテクニックみたいです。

食器類もいきなり新聞紙で包まず、まずは真っ白な緩衝材で包装してから新聞紙で包んでました。
だから引越し後に荷物を開けた時も汚れ1つなく綺麗な状態でした。
細かい所まで気配りされてるなと感じました。
ダンボールを開けていくと、ほとんどが重いものは下に軽い物は上にパッキングされてました。
逆にすると重さで箱の下の物が壊れてしまうので、これも壊さず運ぶためのテクニックの1つなんだろうなと思いました。

Copyright (C)2017引越し業者のパッキングのテクニックについて.All rights reserved.