引越し業者のパッキングのテクニックについて

私が今まで経験した限りでは、引っ越し業者のパッキングテクニックは、引っ越しのコースとスタッフさん個人の技量に左右されると思われます。

引越し業者のパッキングのテクニックについて

私が今まで経験した限りでは

私が今まで経験した限りでは、引っ越し業者のパッキングテクニックは、引っ越しのコースとスタッフさん個人の技量に左右されると思われます。お任せパックなどスタッフさんがすべて詰めてくれるコースであれば、相応のテクニックできれいに梱包してくれますが、運搬のみのコースで積み残しや未梱包のものを梱包してくれる場合には、丁寧さは期待しない方がいいでしょう。
私は以前、端午の節句の兜の箱を運んでもらう際に、簡単には開かないくらいぴったりしたフタだったので、そのまま渡したところ「フタが開くといけないので、留めていいですか」と言われ、なんて社員教育が行き届いているんだろうと感心していたら、なんとガムテープで箱のフタを留められました。
和紙張りの年代物の箱だったので、テープを剥がしたら和紙も剥がれてしまい、悲惨な状態になって、どうして自分で梱包しなかったのだろうと激しく後悔。「和紙張りの箱にガムテープ貼ったらどうなるかくらいわかるだろ!」と腹が立ちましたが、どうもバイトの人っぽかったし、私がよく考えずにOKしたのがいけないんだと、何もクレームせずに諦めました。

引っ越し業者によっては、お皿や靴をそのまま入れるだけの箱や、ハンガーごと服を掛けた状態で運べる箱など、便利なパッキングアイテムを貸してくれるところがあるので、そういう便利アイテムを上手く活用して、できるだけ自分で梱包するのが1番確実だと思います。

Copyright (C)2017引越し業者のパッキングのテクニックについて.All rights reserved.