引越し業者のパッキングのテクニックについて

初めて私が引越しをしようとした時、部屋には荷物が溢れていて、どのように荷物を詰めれば良いのかさえ分からない状態でした。

引越し業者のパッキングのテクニックについて

初めて私が引越しをしようとした時

初めて私が引越しをしようとした時、部屋には荷物が溢れていて、どのように荷物を詰めれば良いのかさえ分からない状態でした。
そこで、依頼した引越し業者の人に、パッキングの仕方について教えてもらいました。

まずは、ダンボールの選び方です。
大きなもので軽い物を入れるのならば、大きなダンボールを選ぶこと。書籍は、小さい方のダンボールに詰めるように勧められました。
書籍は重いので、大きなダンボールに入れてしまうと底が抜けてしまうことがあるそうです。
また、ダンボールの底面は、ガムテープを十字張りにして強度を補強しておくのが良いとのことでした。
私の家には書籍がたくさんあったので、かなり小さい箱を作りました。
書籍を入れる際には、サイズを揃えて入れることで、よりダンボールの数を減らすことができました。

次に、ダンボールへの記載の仕方と詰める内容です。
基本的に、一つのダンボールの中には、同じ部屋の一か所の収納の物を詰めていくようにします。そして、ダンボールにはどの部屋の物か分かるようにしておきます。たとえばリビングの戸棚というように記載しておきます。こうすることで、開封時に手早く荷物を整理することができるということでした。

実際に私がこのパッキング法を採用してみて、スムーズに荷物の開梱作業が行えました。
やはり、プロの技は便利ですね。

Copyright (C)2017引越し業者のパッキングのテクニックについて.All rights reserved.